事務所移転致します

事務所移転の準備

おかげさまを持ちまして、新事務所に移転することとなりました!

レンタルオフィスで開業して1年半、自宅をオフィスにして2年…ついに自前の事務所を用意することができるようになりました。

自宅オフィスのメリット

  • いつでも仕事ができる!
  • 仕事に必要なものが近くにある
  • 通勤時間なし
  • 事務所使用部分は毎日掃除できる
  • 光熱費等の一部を経費化できる
  • トイレや洗面所のタオルを洗いやすい

自宅オフィスのデメリット

  • いつでも仕事ができてしまう!
  • 毎朝の片づけが面倒
  • セキュリティの問題
  • 場所がわかりにくい
  • 体調が悪いときに休めない
  • 仕事モードへ気持ちの切り替えができない
  • 炊事洗濯等家事を行うため生活感がでてしまう

自宅の一室を事務所と言いたいところですが、実際には寝室とお風呂以外すべて利用しています。ダイニングキッチン?という広さのキッチンも打合せスペースとなっていました。領収書等の資料を広げるためにそこそこの広さのテーブルがないといけないのですが、ダイニングテーブルしかなく、仕事に必須のテーブルとなっています。毎日朝食後に全てを片付けるのはかなり精神を圧迫します。正直キツイです。

自宅と事務所が一緒なら、いつでも仕事ができます。必要なモノは全て近くにあるんですから。通勤にかかるコスト(時間と費用)もゼロです。24時間いつでも一瞬で仕事モードになれる人には超おすすめです。

私も通勤にかかるコストは私も無駄だよねと思っていました。が、いざ通勤時間がゼロになってみると、出勤前に仕事モードになるための服装を選択したり、通勤時に歩きながら考え事をしたりして、仕事モードになっていく時間って必要なんだなぁと思うようになってきました。

コロナが流行りだしてから特に感じますが、体調が悪いときの対応に最大の問題があります。従業員さんが勤務してくれるので、寝てられません。今日午前中休めば明日から全快できそうだと思っても、休めず体調不良が一週間続く…とかよくありました。また、「体調悪いので休みます」と宣言したら…体調不良?コロナ?となってしまい、従業員さんたちも気が気じゃなくなってしまうでしょう。

事務所を探し出したのは去年の夏なので、出会いまでほぼ一年かかりました。今度の事務所はデスクも人数分おけるし、何より打合せスペースの確保ができるようになりました。場所も、住宅街の中から幹線道路沿いへとわかりやすいところになりましたので、是非いらしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA