ドルフィンスタッフのひとりごと」カテゴリーアーカイブ

ラグビーのルールを一言で!

ラグビーのワールドカップが開催されています!

ラグビーは一進一退が目に見えてドキドキしちゃいます。

さて、ラグビーのルールがわかりにくいという声が聞こえてきそうですが・・・

ホントは簡単です!!いいですか?いいますよ??いっちゃいますよ?

コホン

「オフサイドでのプレイはだめ」

「面白くなくなるプレイはだめ」              

二言になってしましましたが、コレにつきます。

オフサイド offside

ボールより前(相手ゴール側)はすべてオフサイド。

ということは、ボールより後ろ(自陣側)がオンサイド onside です。   スクラムとか、人がいっぱい集まってボールがよく見えない場合は、一番後ろの人をボールとみなしてオフサイドラインが引かれます(スクラムのうしろにディフェンスラインができるのはこの決まりのため)。

ラグビーはどんなときでもオンサイドのみでしかプレイできません。プレイというか、ボールに影響を与える行為といったほうが近いイメージ。   

ボールを上半身で前に進めてしまったプレイを例にとると・・・

  • 故意のとき・・・ペナルティ スローフォワード (throwforward)前に投げたらラグビーという競技が成立しないから。
  • 偶然のとき・・・スクラム ノックオン( knockon)落としたというより小突いて(knockして)前に進めちゃったイメージ

おもしろくなくなるプレイ

ラグビーは、自分たちのオンサイドを広げていって、相手のオンサイドを0にするとゴール狙う権利を得ます。

ですから、敵味方関係なく一気にオンサイドを広げられるプレイ(空中を飛ぶキック)についていくつかの制限があります。

①キック 

相手のオンサイドを減らすんだから、相手インゴールの手前でフィールドから出るようなキックをすればいいじゃん??と思うけれど、これでは空を見上げているだけで、一進一退の緊迫感はありませんね・・・。

このようなキックを制限するために、キックをダイレクトキックとタッチキックに分けています。

ダイレクトキックは、ノーバウンドでタッチラインから出ていくキック。誰も触れないキックをして陣地を広げるなんてやりすぎだ!ということで、蹴った人のいたところまで戻してからのスローインで再開します。

とはいえ、ペナルティが原因で始まったダイレクトキックとか、自陣の22メートルラインより内側からのダイレクトキックは、出たところから始まります。理由はかわいそうだから。救済措置の一つです。

タッチキックは、ワンバウンドしてタッチラインから出ていくキック。フィールド内にワンバウンドしているということは、相手もそのボールを取ることができたのに取れなかった・・・と考えて、ボールが出たところからのスローインで再開。

②停滞するプレイ

・ノットリリースザボール(not release the ball)

タックルを受けた人がボールを手放さなかったら…試合が止まってしまうし、無理にボールを取ろうとすると危険なプレイに結び付きます。だからダメ。ペナルティ。

・オーバーザトップ(over the top)

ボールの上に覆いかぶさってしまったこと。覆いかぶさるプレイがペナルティ。ボールが体の下に入り込んで動かなくなったら、やっぱり試合は止まるし、危険なプレイを誘発します。

・パイル(pile)

なんとなくわかると思うのですが、パイル生地のパイルです。ボールに数名が絡んで試合が止まってしまう状態です。もちろんペナルティ。         モールパイルはボールを持ち込んで試合を止めたほうにペナルティとなり、  ラックパイルはボールを持ち込まれたほうがペナルティとなります。     (モール・・・ボールをもっている人に接触して敵味方が組合うこと)    (ラック・・・ボールは地面にあり、その上で敵味方が組合うこと)